MENU

耳や脳に慣れさせやすい

先生と生徒

日本語と一緒に学ぶ

日本に生まれたこともが普通に育てられると、日本語を話すようになります。親が外国人であっても、普通に日本の学校に通えば日本語しか話せない人もいます。もちろん日本人ではない親が教えたり日常生活で母国語を使えばその言葉を身に着けられる可能性はありますが、家庭環境により育て方は様々です。現在の教育では英語を学ぶのは中学からで、将来的には小学校から学ぶようになるようです。でももっと前の幼稚園から学ぶ方がいいとの意見もあります。英語を幼稚園から学ぶメリットとして、耳や脳を鍛えられるところがあるでしょう。日本語と英語は文法自体が大きく異なります。そのため、どちらかのみを習得した後、別の言語を習得するときは文法の違いなどを学ぶ必要があります。それに苦労するときがあります。単語なども日本語とアルファベットを使うのとでは大きく異なります。英語を幼稚園のころから学べると、文法の違いを感じにくくなるかもしれません。どちらの言葉も自然に受け入れられるようになります。英語を幼稚園にはいくつかあります。インターナショナルスクールのように、日本語が全く使われない環境を用意しているところもあります。帰国子女や日本人以外の国から一時的に日本に滞在している家庭などではこちらを利用するかもしれません。一方で家庭は日本語を話すようなところでは、授業として組み込まれているところを利用します。いろいろな授業がある中で、言葉を覚えたり会話をした理の授業を入れているところがあります。

Copyright© 2018 子供に合った英語教室を探す【理解度に合わせた学習が可能】 All Rights Reserved.